'; ?> 巻き爪とは

巻き爪治療はもう自分で治せますよ!〜巻き爪とは

巻き爪とは、どんな状態を言いますか?

巻き爪とは、可能性として、手や足の他の指に巻き爪が出来ないわけではありません。

 

しかし、現実には足の親指に生じやすいもののようです。
指先に圧力がかかることや爪を深く切り過ぎるなどというのは、足が多いのでしょう。
その点では、やはり足の親指をもっとも注意深く見守る必要があります。

 

ところで、この巻き爪は若い女性に増えているといわれます。
巻き爪がどんな頻度で発生しているかは、ちゃんとした統計があるわけではなさそうです。
しかし今や10人に1人の割合で発生しているとする数字もありますから、巻き爪専門店が出来たりしています。

 

巻き爪の種類

巻き爪の状態とは

巻き爪の症状が酷くなると上記のような状態になります。
すると、爪が皮膚に食い込んだりして、痛みが段々増してくることになってしまします。
ただはじめの頃は、痛みをあまり感じない時期もありますので、症状自体が軽いうちに対処することをお勧めします。

 

中には、痛みがない為に自覚に乏しく、気付いた時には「の」の字を欠くような状態だった人もいます。

 

その点では、日頃から原因となるような、

  • 深爪をする
  • 高いヒールを履く

などには、十分注意した方がよいといえます。

巻き爪と陥入爪の違い

巻き爪

ところで、巻き爪は陥入爪と区別されています。

 

陥入爪は「かんにゅうそう」と呼びますが、巻き爪同様に爪が変形している状態です。
これは爪の箸の部分がトゲ状になって指にの肉に食い込むような形となり、炎症や化膿を起こしている状態で、痛みを伴っています。

 

陥入爪と巻き爪は合併して起こることも多く、こうなるとなかなか治療が難しくなります。

 

いずれにしても日頃の爪の手入れは手は目立つ為に、多くの人が行き届くと思われます。

 

それに対して、足というのは、長爪を放置したままにしたり、爪を切るのも案外大雑把だったりします。

 

しかし、足は全身をしっかりと支え、歩くときにも左右各々の5本ずつの指がしっかりと地を踏むことが大切です。

 

家族みんなで巻き爪に気をつけよう

最近は、外反母趾や偏平足など、足の異常を起こして正しく歩けていない人が目立ちます。

足の裏にタコや魚の目ができるのも、真っすぐに地面をけることができていない証拠です。

 

このような異常を感じたら、爪にも悪影響が出てくるかもしれません。

 

自分の体のことは、自分しか分かりません。
十分、足元を見つめて、健康な体を維持しましょう!

巻き爪を病院でなく、自宅で治す情報はこちら