'; ?> 巻き爪治療は自分で!病院は何科?と聞かなくても治せますよ。

病院は何科?と聞かなくても、巻き爪治療は今や自分で治せますよ!

巻き爪治療が、自分で出来る程簡単に!!

巻き爪は痛いですよね。
歩いたり、靴を履いたりするのがおっくうになるくらいです。
そんな時にあなたは病院で治療を考えますか?

 

巻き爪ブロック巻き爪ブロック

 

これまでは病院治療・・・

巻き爪の初期治療は、ほとんどのケースで爪の部分切除が必要となります。

 

重度な巻き爪の治療として、

  • フェノール法
  • ワイヤー法
  • 爪母部分切除法
  • 爪母全切除法 があります。

それぞれ特徴がありますので自分にあった治療を選択して下さい。

巻き爪の予防方法

巻き爪を経験した人や懸念する人は、ちゃんと以下の事を気をつけましょう。

  • 巻き爪の予防法は深爪をしないこと
  • 爪の切り方を注意すること
  • 柔らかい幅の広い靴
  • サンダルをはくこと

巻き爪の病院での治療と比べると・・・

病院でも、昔のように手術をするというのではなく、ワイヤーやスプリングを使った「矯正」を施してくれるところもあります。うちの姉のように、「手術はしたくない」「病院が嫌い」と言う人も少なくないでしょうね(^^;

 

とにかく病院というのは、1回5,000円〜10,000円ほどで器具を取り付けてもらえます。
ただし、数ヶ月ごとに交換に通わなければいけないし、 通院や治療、待ち時間と時間の無駄が何とも言えません。

 

巻き爪矯正(ブレース・ワイヤー共に):

初診料3000円+器具代1箇所4000円〜+再診料2000円〜
矯正の場合は保険適用無しで、時間をかけて治すので器具の取替えや再診代で約3〜5万円ほど掛かります。

 

巻き爪手術:

初診料+血液検査費用+手術代+術後の通院費用
手術で治す場合、手術費用が7000円〜1万円ほどその他の経費をあわせると約2万円ほど掛かります。

 

もちろん、治療代に加えて、交通費や食事代もかかることもあります。

巻き爪ブロック

この巻き爪ブロックなら、自分で簡単に巻き爪を矯正して治すことができ、 しかも取り付けると自ずと痛みを軽減できます。この為、最近では 手軽さもあって自宅で巻き爪を治す人も増えているようです。

巻き爪 治療 自分

 

日本ではこれまで、巻き爪の治療矯正を自宅で行う時には、一般的には脱脂綿などを小さく丸めて爪に詰め込んで食い込みを持ち上げるという方法でした。

 

また、なかなか矯正する方法もありましたが、簡便さという点からはこんな製品はなかったように思います。その為、比較的軽度の巻き爪だったら対応できたものの、巻きの強いタイプの巻き爪はなかなか改善されなかったようです。

 

それにしても、この巻き爪ブロックは9種類もの矯正強度を選べます。
爪が幅広くても、ちゃんと巻き爪を矯正することができます。

 

巻き爪ブロックで治療巻き爪ブロックで治療

巻き爪ブロック開発の経緯

ある日、開発者の母親が膝の手術を受けました。
しかし、術後にリハビリが始まっても、思う様に進められずに悩んでいたといいます。

 

その原因が、巻き爪にあって足に響き様な痛みがあったようです。
その際、病院からも巻き爪の手術も勧められたそうです。
しかし、膝の手術を終えたばかりの母親は、手術はかたくなに拒否。

巻き爪ブロック開発の経緯を説明する女性

 

母親の爪を見て「何とかしなければ!」と思い、手作りで試作したバネを足の親指にはめました。

 

すると母曰く「何をしたの?痛く無くなったわ!」

 

作った開発者本人もその即効性には、相当驚いたようです。

 

こうして巻き爪の痛みから解放された母親のリハビリはその後、
順調に進み、予定通りの退院日を迎えることができたとか。

 

そんなエピソードの後に、2年間にわたり改良・改善・試験を繰り返しました。

 

今では誰でも簡単に使用できる商品となったわけです。

 

>>>  直ぐに手に入れたい人は、こちらから  <<<

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

自宅で治療、巻き爪ブロック巻き爪ブロックで治療

巻き爪を病院でなく、自宅で治す情報はこちら